何故心臓病は起きるのか、そしてその対策とは?

だいたい心臓病ってなんなの?

心臓病って聞くと、苦しみながら胸を抑える人を思い浮かべますよね。そうなんです、心臓病って胸が締め付けられるように痛いのです。症状としては、心臓を動かしている心筋と呼ばれる部分に血液が行かなくなり、心臓が締め付けられるのです。詳しく言えば、狭心症と呼ばれるものと心筋梗塞の二つがありますが、症状は似ています。しかし、狭心症は心筋が回復する見込みが高いですが、心筋梗塞になると回復する見込みが低く、死に至ることが多いんですよ。

どうして心筋梗塞は起こるのでしょうか

心筋梗塞の症状はよく分かったけど、どうして起こるのかわからない人もいっぱいいるでしょう。上記のように、心筋梗塞は心筋に血液が行かなくなると発症するんです。つまり血液が滞る状態を作ると危ないんです。例えば「動脈硬化」とかです。動脈硬化は血液を止める働きがあります。つまり、高血圧や糖尿病、または肥満や喫煙者などは動脈硬化を発症しやすくなっています。つまり、心臓病を起こす価格率がとてつもなく高いんです。

心臓病の予防はどうすればいいのか

それでは一番気になる予防についてです。心臓病の原因は血液を固めることにあると言いました。つまり逆に言えば血液をサラサラにすれば起こりにくいのです。具体的に言えば「禁煙」「禁酒」、食事に配慮して「低コレステロール」を取り入れるなどなど。これだけを行っても非常に心臓病のリスクを減らせますよ。より一層リスクを減らしたいならば「ストレスをためない」ということも効果的です。ストレスによって脳にダメージが行き、血液を固まらせる原因になるからです。これらを守ればほぼ心臓病は発症しないので、是非とも実践してみてください。

僧帽弁閉鎖不全症は心臓のある特定の弁が完全に閉まらなくなる為に起こる病気で、弁が閉まらない為に血液が左心室に逆流して動脈に血液が十分に送られないようになります。また、左心室や左心房も肥大する病気です。